歯ぎしり、食いしばり、顎関節症状などの
ボトックス®治療

【MENU of this page】
ボトックス®-高品質なボツリヌス毒素製剤-
効果はただ1つ:筋肉の収縮する動きをコントロールすること
歯ぎしり・食いしばりの疲労感や痛みを改善
どのくらいの期間効くのか?副作用はないのか?

ボトックス®-高品質なボツリヌス毒素製剤-

A型ボツリヌス毒素製剤は、しわや多汗症、斜視など美容や医療の分野で利用されている、生物由来の「タンパク質 製剤」です。高度な製造工程によって品質が保証されており効果が高いことが知られています。
Back to TOP

効果はただ1つ:筋肉の収縮する動きをコントロールすること

 ボトックス®は筋肉の収縮をコントロールしている神経に作用し、筋肉を一時的に麻痺させることができます。それによって、不必要な筋肉の運動を防ぎ、強すぎる力を和らげます。使い方によっては投与部位でお顔の表情しわを作らなくさせることでも有名です。
 強すぎる顎の筋肉の運動によって、歯ぎしりや食いしばりから顎関節症が引き起ります。その結果、顎の疲労感や痛み、頭痛、口が開け辛いなどの症状を引き起こすだけでなく、歯の摩擦やかぶせものが割れるといったトラブルが頻回起こるようになります。マウスピース(ナイトガード)を装着することで、ある程度防ぐこともできますが、マウスピースが付けられない方や、装着しても顎の疲れや痛みが取れない方にはボトックス®治療により顎・顔の筋肉の緊張を和らげることで症状の改善が期待できます。
Back to TOP

歯ぎしり・食いしばりの疲労感や痛みを改善

ippan_img02-2 寝ている間の歯ぎしりや食いしばりは自分でコントロールすることができません。ナイトガード治療で歯の摩擦やかぶせものの破折を守ることはできますが、筋肉の緊張や疲労感をなくすのは難しいのです。咬筋ボトックス®治療で筋肉をコントロールした状態にすることで起床時の症状など大幅に改善されていきます。
Back to TOP

どのくらいの期間効くのか?副作用はないのか?

ippan_img02-2 薬効成分は体内で徐々に分解されていくため、効果は3〜4ヶ月で徐々に消えていきます。筋肉の強さにより個人差がありますが、効果が弱くなり始める前数ヶ月毎に数回繰り返し注射するとより効果的と考えられています。投与を繰り返さなければ、時間が経てば消えてしまう、とても安全性の高い製剤です。(The Change of Maximum Bite Force after Botulinum Toxin Type A Injection for Treating Masseteric Hypertrophy. Ahn KY, Kim ST.Plast Reconstr Surg. 2007 Nov;120(6):1662-6.)
 副作用は、顎の筋肉が痩せることで顔の顎の張りがなくなり痩せてしまうことです。見た目に顔が小さくなってしまうので、元々が細い顔の方などは注意が必要です。
Back to TOP



  • アンチエイジングエステ
  • ボディケアエステ
  • ホワイトニング
  • 歯ぎしり食いしばりボトックス治療