春の七草

今年の冬は暖かいですね…。

ヘンな気候ですが、皆様体調は崩されていませんでしょうか。

 

さて、明日は1月7日。七草粥を食べるとされている日ですね。

みなさんは七草全部言うことができますか? 私は2つ3つしか分かりませんでした…

正解は、

「せり・なずな ・ごぎょう・はこべら ・ ほとけのざ ・ すずな・すずしろ」

です。

 

そもそも、なぜこの日に七草粥を食べるのでしょうか。

ちょっと気になり調べてみました。

 

もともとは中国の、1月7日の人日(じんじつ)の日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という

7種類の若菜を入れた汁物を食べて、無病息災を願うという習慣に由来します。

奈良時代に伝わり、七草粥となりました。

江戸時代には「人日の節句」(七草の節句)として五節句のひとつに定められ、人々の間に定着していったようです。

ちなみに五節句とは江戸幕府が定めた式日で、1月7日の人日、3月3日の上巳、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽をさすそうです。知らなかった…

 

また、7日といえば松の内(一般的には1月1日~1月7日)の最後の日にあたります。

お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、青菜の不足しがちな冬場の栄養補給をする効用もあり、

この日に七草粥を食べることで、新年の無病息災を願うようになったようです。

 

日本古来の風習って、紐解いて行くと面白いですね。

当たり前のようなことでも、注目してみると新たな発見があります。

ここで、お口の中にも目を向けて、ケアをしてあげてみてはいかがでしょうか。

自由が丘歯科オーラルケアはいつでもお待ちしております。

 

と、話は飛躍しましたが、

みなさまが健康な1年を過ごされますよう、お祈り申し上げます。

 

ブログ用




↓Facebookページに「いいね!」を押していただくと、サイトやブログ更新時にタイムラインに表示されるようになります


自由が丘歯科メディカルケア


↓自由が丘歯科オーラルケアのYou tubeチャンネルもぜひご覧ください。