新型コロナウィルス感染症
(COVID-19)対策について

当院では、患者さまに安心して歯科治療を受けていただくために
新型コロナウイルスの感染対策を行っております。

当院の新型コロナウイルス基本対策

  • 医療スタッフの
    感染対策の徹底
  • ドアノブや取っ手、
    手すりを消毒液で除菌。
  • 待合室に
    空気清浄機を設置。
  • 診療室や各種治療機器を
    消毒液で除菌。
  • 定期的な院内の換気。

当院独自の取り組み

MEASURES 1‖マスクとグローブ(医療用ゴム手袋)、ゴーグルキャップ等の着用。
MEASURES 2‖グローブの患者さまごとの交換。
MEASURES 3‖患者さま用のエプロン、コップは使い捨てのものを使用し、患者さまごとに廃棄。
MEASURES 4‖診療器具の患者さまごとの交換、消毒滅菌。
MEASURES 5‖診療台や操作パネル等の消毒液による清拭。
MEASURES 6‖スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒。
MEASURES 7‖診療室内、待合室での医療用空気清浄機の稼働。
MEASURES 8‖除菌水循環の治療ユニットシステムの使用。
MEASURES 9‖来院患者さまの必要に応じた検温、問診。

閉じる

ホワイトニング・審美歯科

whitening

笑顔が光るキレイな歯になりたい!
お家で、
クリニックで、2タイプのホワイトニング。

ホワイトニングでキラリと
輝く歯を手に入れます。

ホワイトニングとは、ホワイトニングジェルを用いて、エナメル質や象牙質の着色を取り除き、天然の歯の白さや明るさを増進させる方法です。近年、見た目の美しさから人気のある治療法です。

スタッフの写真です

日本歯科審美学会認定・
ホワイトニングコーディ
ネーターが常駐しています。

歯のホワイトニングは、国家資格を持つ歯科医師もしくは歯科衛生士しか行うことができない医療行為です。ホワイトニングは特殊な薬剤を使用するので、治療前に患者さまのお口の状態をしっかりとチェックして確認します。

治療器具の写真です

患者さまのライフスタイルに
合わせた2つのケアをご提案。

自分専用のマウスピースを作成し、それにホワイトニングジェルを流し込み、歯に装着するだけでカンタンにできるのが「ホームホワイトニング」。 また、自分でケアするのが不安、面倒だという方には、クリニックで行う「オフィスホワイトニング」がおすすめです。衛生士がクリニックで専用の薬剤とライトを用いて治療しますので、1本1本歯の状態・白さなど調整しながら治療を受けることができます。

マウスピースケースの写真です

定期的にメンテナンスして
キープを。

ホワイトニングの効力は人によって異なりますが、毎日のブラッシングでステインの付着を取り除く必要があります。また、半年後、1年後などの定期診察でもプラスαのお手入れをさせていただきます。

ホワイトニングの写真です

治療の流れ

ホームホワイトニング

  • 1

    カウンセリング、レントゲン検査、口腔内診査を行います。

  • 2

    診断結果をもとに費用を含めた治療方針をご説明します。

  • 3

    専用の研磨ペーストや超音波スケーラーでプラークや外来性着色を除去します。

  • 4

    専用のマウスピースを作成するための型とりをします。

  • 5

    専用マウスピースにホワイトニング薬剤をいれて1日1回2時間ほど装着します。(ご自宅で行います)

オフィスホワイトニング

  • 1

    カウンセリング、レントゲン検査、口腔内診査を行います。

  • 2

    診断結果をもとに費用を含めた治療方針をご説明します。

  • 3

    専用の研磨ペーストや超音波スケーラーでプラークや外来性着色を除去します。

  • 4

    歯ぐきを保護するペーストを塗り、ホワイトニング剤を歯面に塗布し、光を照射します。

費用(2023年1月現在)

※税込表記

オフィスホワイトニング
(前歯6本、1回)
16,500円
ホームホワイトニング
(マウスピース両顎+ホワイトニングジェル)
27,500円

リスク・副作用・合併症

知覚過敏

冷たいものや熱いもので歯がしみる症状が出ることがあります。通常は時間の経過とともに解消されますが、症状が強い場合や長期間続く場合はホワイトニングを中止する場合があります。

歯ぐきや舌の変色

ホワイトニング薬剤が触れると一時的に白く変色し、痛みがでることがあります。

ホワイトニング直後の変色

ホワイトニング直後は色の濃い飲食物(コーヒー、赤ワイン、カレーなど)を控えてください。

後戻り

個人差がありますが、新たに着色したりすることで半年から1年で後戻りが生じます。着色原因の摂取を極力避けることと、定期的なホワイトニングで白い状態を維持することが可能です。

治療期間・通院回数

ホームホワイトニング

通院回数 2回(1週間)

オフィスホワイトニング

通院回数 1~2回(付着プラークが多く歯面清掃に時間を要する場合は複数回になる場合があります)
効果を長く続かせるために定期的なメンテナンスをおすすめしております。