新型コロナウィルス感染症
(COVID-19)対策について

当院では、患者さまに安心して歯科治療を受けていただくために
新型コロナウイルスの感染対策を行っております。

当院の新型コロナウイルス基本対策

  • 医療スタッフの
    感染対策の徹底
  • ドアノブや取っ手、
    手すりを消毒液で除菌。
  • 待合室に
    空気清浄機を設置。
  • 診療室や各種治療機器を
    消毒液で除菌。
  • 定期的な院内の換気。

当院独自の取り組み

MEASURES 1‖マスクとグローブ(医療用ゴム手袋)、ゴーグルキャップ等の着用。
MEASURES 2‖グローブの患者さまごとの交換。
MEASURES 3‖患者さま用のエプロン、コップは使い捨てのものを使用し、患者さまごとに廃棄。
MEASURES 4‖診療器具の患者さまごとの交換、消毒滅菌。
MEASURES 5‖診療台や操作パネル等の消毒液による清拭。
MEASURES 6‖スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒。
MEASURES 7‖診療室内、待合室での医療用空気清浄機の稼働。
MEASURES 8‖除菌水循環の治療ユニットシステムの使用。
MEASURES 9‖来院患者さまの必要に応じた検温、問診。

閉じる

矯正歯科

Orthodontics

子どもの時から気になっていた歯並び…
大人になってからでも、矯正は可能です。

歯並びは、カラダの健康にも
大きな影響を与えます。

でこぼこした歯並びは歯垢が溜まりやすいので、むし歯や歯周病になる確率が高くなります。また、むし歯はないのに急に歯が痛くなったりすることもしばしば。さらに、悪い噛み合わせは間接的に顎関節などにも悪影響を及ぼします。

治療器具の写真です

質の高い治療で、機能性と
審美性を兼ね備えたラインに。

歯列矯正を行うと、口元の印象や顔の輪郭など見た目の美しさだけでなく、咀嚼、咬み合わせや発音といった機能も回復します。さらに、虫歯や歯周病のリスクを取り除くことも可能になります。

歯科矯正をした女性のイメージの写真です

歯並びのコンプレックスは、
大人になってからでも
解消できます。

大人の方でも、歯並びでお悩みの方は大勢いらっしゃると思います。「矯正は子どもの時でないとできない」と思い込んでいませんか?当院では、成長期の子どもはもちろんのこと、大人の方にいたるまで幅広いケースの歯列矯正に対応しております。

診療ユニットの写真です

患者さまにとって、
最も効果的な矯正をご提案。

お一人お一人のお口の状態に合わせて、ワイヤー式・マウスピース式など無理のない治療法をご提案させていただきます。

ワイヤー、マウスピースの写真です

治療の流れ

  • 1

    カウンセリング、レントゲン検査、顔貌診査、顎機能検査、口腔内診査を行います。

  • 2

    診断結果をもとに費用を含めた治療方針をご説明します。

  • 3

    矯正装置装着治療を開始します。

  • 4

    保定装置によるメンテナンス

費用(2023年1月現在)

※税込表記

矯正相談
1,100円
検査・診断
33,000円
片顎矯正施術料
(保定装置、ホワイトワイヤー使用、舌側矯正、マウスピース型矯正歯科装置)
726,000〜1,419,000円
両顎矯正施術料
(保定装置、ホワイトワイヤー使用、舌側矯正、マウスピース型矯正歯科装置)
726,000〜1,639,000円
マウスピース型矯正歯科装置
(インビザライン)(短期)
319,000〜396,000円
再診料
5,500~8,800円

リスク・副作用・合併症

矯正装置による不快感、痛み

装置装着直後やワイヤーの強度を上げた際に、歯に強い力がかかり痛みを感じることがあります。通常は時間経過とともに消失しますが、長期間に及ぶ場合は神経に影響が生じる可能性があります。

口内炎

矯正装置の擦過で頬粘膜、唇、舌などに口内炎ができることがあります。

金属ワイヤーによる金属アレルギー症状

金属アレルギーをお持ちの患者さんにはホワイトワイヤーのご提案をさせていただきます。

むし歯、歯周病のリスク

矯正装置を装着している期間はブラッシングが困難になり、むし歯や歯周病のリスクが高まります。

歯根吸収、歯肉減退

もともと歯周病のある患者さんなどで歯を動かすことで歯ぐきがさがることがあります。

顎関節症状

治療の過程で顎の痛み、頭痛、耳鳴りなどが生じることがあります。

後戻り

動いた歯は元の位置に戻ろうとする傾向があります。目標の歯列が得られたあとも、保定装置で後戻りを抑える必要があります。

治療期間・通院回数

歯科矯正の治療期間は口腔内や顎間状況によって個人差が生じますが、平均では2年ほどの治療期間がかかります。また矯正装置を外したあとの保定装置によるメンテナンスとして1~2年の経過観察が必要です。

矯正歯科治療は非常に専門性の高い、かつ、上記に示すように様々なリスクが生じる可能性のある治療であり、患者さんによるご協力の治療に関する知識が治療結果と強く結びつきます。
すべての患者さんにご納得し、満足していただける治療を心がけてまいります。不明な点や不安な点がありましたらいつでもお申し出ください。

インビザラインGoによる
矯正と着色の治療 動画